肌の治療 掌蹠膿疱症

キービジュアル

掌蹠膿疱症

イメージ

掌蹠膿疱症は膿が溜まった膿疱と呼ばれる発疹が、手のひら(手掌)や足の裏(足蹠)にたくさんできる疾患です。比較的少ない疾患で、中年以降の方に多くみられます。


膿疱は、炎症反応に関係する好中球(白血球の一種)が、表皮内にみられ、細菌感染がみられないことが特徴的です。

慢性的に経過し、周期的に症状がぶり返します。発疹は、最初は小さな水疱で、徐々に化膿していき、次第に黄色に変化します。

その後かさぶたになり、角層がはがれ落ちます。しかしこれで治るわけではなく、すぐに再発し、慢性化をたどると、皮膚が赤黒くなり、角質も増殖して激しい痒みや、時に痛みを伴うこともあります。

また、慢性的に経過するなかで、突然、鎖骨や胸の中央の胸肋鎖骨関節などの関節が痛くなることがあり、掌蹠膿疱症性骨関節炎と呼ばれます。この痛みは非常に強く、日常生活が困難になるほどのこともあります。

さらに放置すると、関節の変形なども招きます。そのため、適切な治療が必要になってきます。

掌蹠膿疱症の原因

長期にわたる喫煙や、扁桃炎、虫歯、歯科金属アレルギーが原因のひとつと考えられています。また、発疹の中の液体からはウイルスや細菌は見つからず、自己免疫(自分自身の組織に対して免疫が攻撃的に作用すること)が関係する疾患ではないかとも推測されています(そのため他人にうつることはありません)。

掌蹠膿疱症の治療法

この病気は細菌やウイルスが原因ではないため、抗生物質のような薬は効果がありません。そのため、炎症を抑える対症療法が主になります。

治療は、重症度によって変わってきますが、最初の治療としては、まず炎症を抑えるためにステロイド軟膏、ビタミンD3軟膏を使います。

ただ、外用薬だけですと、なかなかコントロールできないケースも多く、その場合、ビタミンAに似た物質であるエトレチナートという薬の内服や、ナローバンドUVB療法という紫外線治療を行います。

掌蹠膿疱症Q&A

Q
やはりタバコはやめたほうが良いですか?
A

掌蹠膿疱症の患者さんのうち、約80%の人が喫煙者です。そして掌蹠膿疱症の治療で大切なことは、禁煙あるいは減煙と言われます。掌蹠膿疱症の患者さんで喫煙習慣のある方は、この際、ぜひ禁煙してみてください。

Q
掌蹠膿疱症は、一生治らないのですか?
A

患者さんのうち2~3割は病巣感染や金属アレルギーが関与していることがわかっていますので、積極的に検査してそうした原因をつき止め、治療すれば掌蹠膿疱症も治癒が期待できます。ただし、患者さんのうち7~8割は検査を行っても原因がわからず、対症療法を受けることになります。しかし、長い間にわたり患者さんの経過を観察した研究によると、ほとんどのケースで自然に治っていることが知られています。治るまでの期間は、平均で3~7年とされています。ですから、それまでは対症療法を行って症状を軽減し、生活の質(QOL)を高めていきましょう。

当クリニックではナローバンドUVB療法などの専門治療の他、心理的なダメージを少なくしていただけるよう、カバーマークなどのアドバイスもいたします。