肌の治療 尋常性白斑

キービジュアル

尋常性白斑

イメージ

一般に皮膚の色は、表皮の中に含まれるメラニン顆粒の量に応じて変化します。このメラニン顆粒は皮膚の一番底にあるメラノサイトという細胞でつくられます。

ところがこのメラノサイトが何らかの理由で壊されて機能が低下すると、メラニンの産生が極度に低下あるいは消失し、皮膚の色が部分的に白く抜けてしまいます。この状態が尋常性白斑という疾患で、別名「しろなまず」とも呼ばれます。

日本における尋常性白斑の患者さんは人口の1~2%程度と言われます。20代の発症が多いとされますが、各年代に広くみられます。男女差は、ほとんど無いようです。

脱色素性母斑ほか、よく似た皮膚疾患がありますので、尋常性白斑なのかどうかをしっかり診断することが、治療の第一歩です。

尋常性白斑の原因

尋常性白斑の原因は、はっきりとは解明されていませんが、自己免疫(自分自身の組織に対して免疫が攻撃的に作用すること)によりメラニン(体表に存在する黒褐色または黒色の色素)が破壊されるために発症すると考える説などがあります。

尋常性白斑の治療

ステロイド薬、ビタミンD3、タクロリムスの外用療法や紫外線治療があります。紫外線治療のなかでも、UVB(中波長)のごく狭い周波数の紫外線だけを照射するナローバンドUVB療法が、より効果の高いことがわかってきました。

また、カバーマークを用いて皮膚を着色することができます。これはもちろん根本的治療ではありませんが、社会生活上のストレスを減らすのに有効な手段と言えます。

尋常性白斑Q&A

Q
小さいころからあった白斑がだんだん広がってきました。治りますか?
A

白斑は広がる可能性もありますし、よく似た皮膚疾患がありますので、尋常性白斑なのかどうかをしっかり診断することが、治療の第一歩です。早めにクリニックを受診してください。

Q
尋常性白斑は、人から人にうつったりしませんか??
A

人にうつることはありません。しかし、白斑は肌の露出部分に現れること多いですから、見た目を気にするなど、心理的なダメージを感じることも少なくないようです。

当クリニックではナローバンドUVB療法などの専門治療の他、心理的なダメージを少なくしていただけるよう、カバーマークなどのアドバイスもいたします。