肌の治療 手荒れ

キービジュアル

手荒れ

イメージ

毎日水仕事をする主婦の方や調理師、美容師・理容師などにはよく手荒れ(手湿疹)がみられます。乾燥する時期はどの方も手が荒れやすく、暖かい時期が来れば良くなると思われることが多いのですが、中にはなかなか手荒れが治らず、一年中悩まされる人も少なくありません。

水仕事や、その他にも紙を頻繁に扱う仕事をしていると、皮脂や角質が少なくなってしまいます。それよって、皮膚のバリア機能が弱まり、物をつかむなどの物理的な刺激に皮膚が過剰に反応するようになり、また刺激物が皮膚へ侵入しやすくなります。こうして起こるのが手荒れです。手荒れは、特にアレルギー体質の方に生じやすく、手荒れの原因となる仕事を中止できない方は治りづらいものになります。

手荒れ(手湿疹)の薬物療法では、ステロイド外用剤と保湿剤を用います。

保湿剤を使用することで手を保護し、刺激から皮膚を守るようにします。炎症が強い場合は、保湿剤とステロイド外用剤を使用する早期に改善するようにします。

手荒れQ&A

Q
手荒れの人は、普段の生活でどのようなことに注意すれば良いですか?
A

炎症は適切に薬を使用すれば改善しますが、生活習慣を変えなければ再発を繰り返します。薬物療法とともに下記のような生活改善を心掛け、手を保湿・保護しましょう。


  • 水仕事はゴム手袋をして行い、さらにゴムの刺激から皮膚を守るために、その下に木綿の手袋をする。
  • 水仕事で使うお湯の温度をぬるめ(体温よりやや低い温度)にする。
  • 洗濯物を干したり、布団を上げ下げしたり、掃除機をかける時など、水仕事以外の家事でも、木綿の手袋をする。
  • シャンプー、ボディソープ、石けん、ハンドソープなどは低刺激性のものを選ぶ。
  • 水仕事の後や、手を洗った後、入浴後などは時間をおかずにハンドクリームを塗る。
  • 寒い日や、空気が乾燥している日は手袋をして外出する。
  • 夜寝る時には、手にたっぷりと保湿剤を塗り、さらに木綿の手袋をする。

Q
手荒れを起こしやすいのはどんな人ですか?
A

アトピー体質の人は皮膚が乾燥しているため、手荒れを起こしやすい傾向があります。

また、毎日きちんと家事を行う人にも多く見受けられます。負担を軽くするために、食器洗浄機などを利用したり、症状が強い時はうまく手を抜いたり、家族に手伝ってもらったりしましょう。