肌の治療 接触皮膚炎

キービジュアル

接触皮膚炎

イメージ

外界の物質が皮膚に触れることによって生じる皮膚炎のことをいい、いわゆる「かぶれ」と呼ばれているものです。原因物質が接触した場所に一致して、赤みや水ぶくれ、かゆみなどを引き起こします。

例えば、頭であればシャンプー、毛染め、整髪料など、顔であれば化粧品類、洗顔フォーム、シャンプー、植物、食物、首であればネックレス、化粧品類、香水、衣服、耳であればイヤリング、ピアス、眼鏡のフレーム、手足であればゴム製品、植物、洗剤など部位によって原因物質の種類に特徴がみられます。

接触皮膚炎の種類は主に2種類に分かれます。一つは一次刺激性接触皮膚炎と言い、原因物質そのものの毒性によって皮膚の細胞が破壊され皮膚炎が生じます。これは誰にでも生じうるもので、また初めて接触したものであったとしてもかぶれを起こしてきます。

もう一つはアレルギー性接触皮膚炎と言い、原因物資が皮膚に何回か接触することで免疫が出来上がり(感作という)、再度原因物質に触れた際にかぶれを起こすものです。

かぶれは原因物資が触れた部位に皮膚炎が通常は生じますが、掻くことで全身に広がることもあり、注意が必要です。

治療としてはまず原因物資に触れないようにすることです。皮膚炎に対しては、ステロイド外用、かゆみに対して抗ヒスタミン薬の内服を行います。皮膚炎の症状が強いときにはステロイドの内服を行う場合もあります。

接触皮膚炎Q&A

Q
接触皮膚炎で何か注意すべきことはありますか?
A

化粧品類などで今まで使用したことがないものを使う場合は、数日間はかぶれが起こらないかどうか注意して使用する必要があります。かぶれの症状が出たときはすぐに中止し、皮膚科を受診してください。

Q
今まで使っていたものが急に合わなくなることがありますか?
A

今まで使用して大丈夫だったものでも、皮膚へ何度が接触するうちに感作が成立し、かぶれを起こしてしまいます。また、化粧品類などで、古くなったものを使うとかぶれを起こすことがあります。