赤ちゃん、こどもの皮膚病 湿疹
(乳児湿疹・オムツかぶれ・あせも)

キービジュアル

湿疹

汗や紫外線、花粉、ハウスダスト、洗剤、化粧品などが皮膚から侵入した際に赤みや水ぶくれが生じ、痒みが出てきます。湿疹のなかには原因がはっきりとしないものもあります。また、一部の湿疹では放置しておくと全身に広がるものもあり、早めに治療することが大切です。

治療はステロイド外用薬、抗アレルギー薬を使います。

以下では、子どもによく見られる湿疹をご紹介します。

乳児湿疹(乳児脂漏性皮膚炎)

イメージ

乳児期に、皮脂腺の多い頭や額、こすれる部分を中心に黄色いフケが出たり、カサカサした紅斑ができたりする疾患です。

皮脂を分泌する脂腺という器官が活発に活動する部位に見られることから、皮脂による刺激や、ヒトの毛包脂腺系に常在するマラセチアという真菌(カビ)が関与しているものと考えられています。


小児では生後1ヶ月頃から皮脂の分泌が亢進しますが、この頃から湿疹が発症し始め、頬、額、耳の周辺などに赤いブツブツができてきます。しかし、6ヶ月頃からは次第に消えていきます。

診断にあたっては、症状から判断しますが、乳児アトピー性皮膚炎との区別が困難なケースがあります。


症状に気づいたら皮膚科を受診しましょう。入浴時には強くこすらないように気をつけながらよく洗い、皮脂の付着を減らします。炎症が強い時には、ステロイド外用薬を使用します。

オムツかぶれ

イメージ

尿や便に含まれるアンモニアや酵素などに皮膚が刺激され、おむつの当たるところに赤いブツブツやただれが生じます(皮膚のしわの間にできている場合には、カンジダ皮膚炎の可能性もあります)。


オムツかぶれの際は洗面器にぬるま湯を張っておしりをよく洗い、亜鉛華軟膏やワセリンを塗ります。症状がひどいような場合は、弱いステロイド軟膏を塗ったりもします。

あせも

イメージ

あせも(汗疹)とは、汗をかいた後に、皮膚に細かい水ぶくれやブツブツが現れる皮膚疾患のことです。

汗をかきやすい夏に多く、小児に発症しやすい疾患ですが、高熱を出している方や高温の環境下で作業している人にも見受けられます。


あせもには、赤い丘疹が生じて痒みや軽い痛みを伴うタイプ、小さな白っぽい水ぶくれができるタイプなどがあります。


あせもの治療にあたっては、症状に応じてステロイド外用薬や、かゆみ止めの飲み薬などを用います。


あせもの再発を繰り返さないためには、通気性の良い服を着用し、汗が出たらシャワーで流すか、こまめに拭き取るように心がけることが大切です。

湿疹Q&A

Q
乳幼児の湿疹はよく見られるようですが、一応小児皮膚科を受診したほうが良いのでしょうか?
A

乳児期の乾燥肌のケアを行うことで、アトピー性皮膚炎の発症を低下させることができると言われています。また、乾燥肌や湿疹があると、その皮膚を介して食物アレルギーを引き起こす可能性があることが知られています。そのため、アトピー性皮膚炎や食物アレルギーを予防するためにも、やはり早めに小児皮膚科を受診し、適切な治療と正しいケアの指導をお受けになるよう、お勧めいたします。

Q
子どもが汗をかいたら、どのようにケアしてあげるのが良いでしょうか?
A

汗をかいた後は、シャワーで洗い流してあげるのが一番です。ただし、シャワーのたびに洗浄剤を使うと肌が乾燥してしまうので、ぬるめのお湯で流すだけで十分です。洗浄剤を使うのは、1日1回までにしましょう。洗浄剤を使う際は、たっぷりの泡で、手を使って優しく洗うのが基本です。